ハーブのお話し
なぜハーブを犬に?




なぜハーブを犬に?

   「薬ってどうやって生まれたんだろう?」

そんなことを考えたことはありませんか。

それはいにしえの時代に生きる人々が、動物たちの行動を見たことが
始まりだそうです。
植物に身体を預け傷を癒す動物たち。
植物を食んで身体を癒す動物たち。
人々はそんな動物たちの姿を見て植物の力を諸症状の治癒のために
取り入れ、そこから長い時間と研究を経て、現代の新薬に発展してきたのです。

新薬は充実し、健康維持のためのサプリメントも数多く出回り、
目的に添ったケア商品が簡単に手に入るようになった便利な昨今
ですが、同時に環境や食餌など様々な理由により現代特有の疾患
を抱える犬たちが増えてきているのも事実です。

どうせ加えて与えるのなら、自然のものを。
何も足さず何も削がない自然のバランスのままのハーブが、犬たち
にはよく似合うような気がします。

だって彼らは動物であり、動物たちはずっとずっと昔から
植物の力とともに命を育んできた生き物ですから。



ハーブとは?
ハーブには天然のビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素が自然なバランスのまま含まれますので、これとない健康サポートの栄養サプリになります。
特定の状態の動物に対して驚くほどの影響を与えるものもたくさん
あります。(薬事法にかかるため、効果や効能を謳うような表現は出来ません。)
もちろんその度合いには個体差があるため一概には言えませんが、私はこれらを用いて自分の犬たちのケアをし、
ハーブの力を強く実感しております。

ハーバリズムはフィトセラピー(植物による代替療法)の一分野です。



ハーブの使い方
種類によってドライハーブをそのまま与えたり、煎じたり抽出した
ものを与えることができます。
また、外用には同じく煎じたり抽出したものを塗布したりパップ、
湿布として使うことができます。


ハーブの選び方
多くのアニマルハーバリストがこう言います。
「犬自身が必要なハーブを自ら選びます。」

私の犬たちも我が家の小さなテラスに出るとそれぞれで、
見ていておもしろいです。
泌尿系が不安定な長女犬は好んで利尿ハーブをついばみますし、怖がり屋な三女犬はリラックスハーブに擦り寄ります。
食いしん坊な次女犬はとにかく美味しいものから狙いますが(笑)全犬が常時好んでついばむものはやはりビタミンたっぷりのもののようですね。
土に根をおろし、太陽を浴びて地上にたわわる植物を食む犬たち。
そんな犬たちの姿を見るのが私は大好きです。

逆にその子が選ぶハーブを見て、その子の体調を知る…ということも私自身何度も経験しているところです。

しかし、実際に選ぶとなるとなかなか難しいですよね。
多種のハーブを用意して犬に選ばせるのも難儀ですし、その子の体質や状態によって避けなければいけないハーブが存在するのも忘れてはいけません。

そこで、ハーブを始めてみようという方々のお手伝いができれば…と
NativeSmileは考えております。



NativeSmile ハーブのご紹介
NativeSmileでは、ごくシンプルなブレンドからタイプに合わせたブレンドまで8種類のオリジナルブレンドをご用意しております。
もしご興味をもたれましたら、こちらからどうぞ。
また、その他ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問合せください。




>> back
All of Pages Copyright (C) Native Smile All rights reserved.

 カート式SHOP



 
 
 
 
 




特定商取引法に関する表示
top shop ご利用案内 お支払・送料