アロマのお話し
なぜアロマを犬に?




アロマとは?

「アロマ」と聞くとイコール「よい香り」というファッションやインテリア的な図式が先行している我が日本ですが、
ハーブのページでもお話しさせていただいたように、アロマもまた植物の大きな力を持つ自然由来のものです。
そして植物の持つ成分がギュッと凝縮された精油は、そのままのハーブよりずっと強力です。
精油の分子量は小さく親油性であるため、その成分は皮膚の真皮層から血管やリンパ管に入って血液とともに全身を巡り、また粘膜を通過しダイレクトに脳に届き、即効性を持って働きかけます。
使い方を間違えなければ、アロマは植物の恩恵をたっぷり持ち合わせた貴重な素材なのです。

アロマセラピーとは、フィトセラピー(植物療法)の一分野です。



犬のアロマセラピー

主に精油を希釈したものを外用に使います。
香りを漂わせての芳香浴、マッサージオイルに、クリームに、消臭剤に…と用途によって様々な使い方ができます。



注意すること

精油の成分は強力であるため、使い方や精油の選択を誤ると大変なことになります。
犬にも使ってはいけない種類もありますが、特に他の小動物には代謝機能が特異な種もいるため、基本的に精油は犬以外のペット(ネコやフェレット、小鳥など)には使用できません。
それら他の小動物のいる同室内において犬に使用するのも危険を伴います。
また、精油には通経作用のある種類がありますので、妊娠犬も基本的に精油は使えません。

他の小動物や妊娠犬、赤ちゃんやお年寄りがいるお宅では、ハイドロゾル(芳香蒸留水)のご使用をお薦めいたします。




ハイドロゾルとは

ハーブウォーターやフラワーウォーターなどとも呼ばれる、精油の蒸留過程でできる水溶液です。
精油との大きな違いは水溶性であること。植物の有効成分を蓄えながら、マイルドで犬以外の動物にも使えるとても優れた素材です。
その性質から近年とても注目されているアロマパーツです。



NativeSmile アロマ商品のご紹介

NativeSmile
では、精油を使ったオリジナルのアロマセラピー商品や、ハイドロゾルを使ったアロマセラピー商品をご用意しております。
もしご興味をもたれましたらこちらからどうぞ。
また、その他ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問合せください。




>> back
All of Pages Copyright (C) Native Smile All rights reserved.

 カート式SHOP



 
 
 
 
 




特定商取引法に関する表示
top shop ご利用案内 お支払・送料